My Items

I'm a title. ​Click here to edit me.

Time to make the impact of the Mottainai spirit visible (Part 2)

Time to make the impact of the Mottainai spirit visible (Part 2)

The Duchy Organic brand was originally conceived in 1990 by Prince Charles, and it is run by Waitrose, a high-end supermarket, since 2010. Since 1983, Waitrose contributes to making organic food accessible to everyday life — the Duchy Organic’ product range is grown over 300. The brand says that buying organic means supporting a way of farming that works in harmony with the environment to grow food in a sustainable way, the highest welfare standards and vibrant farmland wildlife. The package clearly shows its support for the Prince’s charities — to help farmers develop more sustainable farming practices — and design, where the same gold colour is used for the logo and the word ‘organic.’ ‘Good causes’ and ‘Good farming’ are printed with the bigger hand-writing typefaces. They have an iconic brand leader, a clear vision, a track history of delivering what they promise, and good brand communication. And last but not least, it tastes delicious, especially for biscuits! Lessons from the British brand What Japanese companies can learn is the segmentation of sustainable customers. The Duchy Originals targets the premium organic market, which is not luxury but not cheap, and they developed their product offer, channels and brand communication around it. In the current Japanese market, I see three groups: those who support sustainability proactively, those who appreciate the reassurance and safety which associates with sustainability/organic, and those who think sustainability is cool. These three are led by different motivations. The first is led by the purpose and value of a company/product, the second is function, and the third is stories and design that move their hearts. For example, the last group is likely to feel that the mainstream of organic packages in Japan could be too minimal. ‘Organic equals less’ is the right idea, but it does not necessarily mean it should be boring. In addition, they can launch more product lines that put sustainability to the front. For Calbee, for instance, it is a product while putting the product sustainability for environment, society and people first, from the point of product life cycle, e.g. an organic range of crisps with responsibly sourced potato. Given 70% of Japanese consumers say that they don’t understand the meaning of certificates, e.g., JAS organic mark, they are waiting for products that are straightforward — how buying this product can contribute to creating a better world, and the brand name, architecture and verbal identity enable the clear positioning. Lastly, the Japanese way of communication known for ‘who knows most, speaks least’ needs to be put aside. When brands talk with consumers, it will create even more empathy and trust if brands can address challenges in the world that consumers live in. Similar to the Duchy Organic supporting sustainable farming, customers are waiting for bold and ethical brands that make the impact rather than putting ‘eco-friendly’ in small letters just as an appendix.

More
もったいない精神を今こそ見える化しよう (Part 2)

もったいない精神を今こそ見える化しよう (Part 2)

イギリスのThe Duchy Organic(ザ ダッチー オーガニック)は、サステナビリティにおいてユニークな経験とアプローチを持っています。 The Duchy Organicは、1990年にチャールズ皇太子が発案したブランドで、2010年から高級スーパーのWaitrose(ウエイトローズ)が運営しています。1983年以来、Waitrose社はオーガニック食品を日常生活の身近なものにしており、The Duchy Organicの製品群は300以上にもなります。 The Duchy Organicは、オーガニックを購入することは、環境と調和した持続可能な方法で食料を生産し、最高基準の動物福祉を満たし、農地で動物らしい生活の実現を支えることだとしています。パッケージでは、ロゴとオーガニックのフォントに金色を採用し、皇太子の慈善活動である持続可能な農業の発展を支援するブランドの約束が目に飛び込むようにデザインされています。また、Good causes(慈善事業)とGood farming(良い農業)は、大きな手書きの書体で、他とは一線を画す様になっています。 The Duchy Organicは、象徴的なブランドリーダー、明確なビジョン、消費者や農家に約束したことを実現してきた実績、そして素晴らしいブランドコミュニケーションを持ち合わせているブランドです。そしてビスケットの味が美味しいという事も付け加えておきましょう! 英国ブランドからの学び 上記から日本企業が学べることは、サステイナブルな顧客のセグメンテーションです。The Duchy Organicは、高級でも安価でもないプレミアムオーガニック市場をターゲットにしており、それを軸に商品提供、チャネル、ブランドコミュニケーションを展開しています。 現在の日本市場では、サステナビリティを積極的に支持する人、サステナビリティやオーガニックに付随する安心感や安全性を評価する人、サステナビリティをカッコイイと思う人の3グループがあり、それぞれ異なるモチベーションで動いています。 第一グループは、企業や製品の目的や価値感、第二グループは機能、そして第三グループはストーリーやデザインに、共感や愛着を持ちます。そして第二グループは感じずとも、第三グループは、日本で主流となっているミニマムスタイルのオーガニックパッケージに物足りなさを感じているかもしれません。「オーガニックは不要なものを含まない」という考えは正しいですが、「つまらなくて良い」という訳ではありません。 加えてサステナビリティを前面に押し出した商品群を、もっと日本市場で発売しても良いのではないでしょうか?カルビーであるならば、責任を持って調達されたジャガイモを使用したオーガニックシリーズのポテトチップスの展開です。製品のライフサイクルの観点から環境、社会、人に対する持続可能性も考えた製品であればなおさら消費者の共感を呼ぶでしょう。 また、日本の消費者の70%が、有機JASマークなどの認定の意味を理解していないと回答しています。ここから、「この商品を購入することで、より良い世界を作ることに貢献できる」というダイレクトなメッセージを持つ商品が求められており、ブランド名、ブランド構造、ビジュアル/バーバル・アイデンティティ(見え方・伝え方のガイドライン)が、サステナブルなブランドの明確なポジショニングを手助けするでしょう。 最後に「能ある鷹は爪を隠す」に代表される日本のコミュニケーションスタイルは、脇に置いておく必要があります。ブランドが消費者と対話するとき、消費者が置かれている状況の課題にブランドが取り組むことができれば、より一層の共感と信頼を得ることができます。The Duchy Organicが持続可能な農業を支援しているように、消費者は「環境に優しい」という言葉を小さな文字で添えておくのではなく、インパクトのある大胆でエシカルなブランドを待っているのです。 *Reference https://www.calbee.co.jp/newsrelease/200914a.php https://www.ecologie.gouv.fr/gouvernement-soumet-projet-loi-climat-et-resilience-aux-consultations-obligatoires https://www2.deloitte.com/content/dam/Deloitte/jp/Documents/consumer-business/cp/jp-cp-consumer-after-covid-19-1.pdf https://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2019/11/20191118.pdf

More
Time to make the impact of the Mottainai spirit visible (Part 1)

Time to make the impact of the Mottainai spirit visible (Part 1)

Calbee, the manufacturer of potato crisps, launched a marketing campaign in a very Japanese way last year. They realised that 84% of consumers fold a crisp package after they eat. The beauty of folding is to reduce the size of waste volume, which leads to reducing the environmental load. They started a campaign called ‘Oripake,’ which means folding a package. They printed a four-leaf clover, which appears when customers nicely fold the package, and photos taken with the Calbee App can transfer to points, which can be used for gifts, e.g., growing potatoes. Japan and Sustainability This campaign represents the current situation of how the majority of food companies in Japan integrate sustainability into their products; they prioritise using less energy, raw materials and reducing waste. Japan sees the sustainable future from the point of environment, often from the view of society (education and inclusion, etc.), and people (health and well-being and equality, etc.) are left out. Equally, sustainability can often be seen as cost, not the engine to create economic benefits. In addition, unlike Calbee, the majority of Japanese food businesses are still in the stage of CSR; they give back some portion of profits to good causes. On the other hand, the world has already shifted its focus to the sustainability of the life cycle and supply chain — from sourcing of raw materials through to product manufacture, distribution, consumer use and disposal. This is a different approach where everyone who has been involved in the creation and sales of the product can get their shares equally, rather than just a particular group of people benefitting. Upon the increase in interests for lifecycle sustainability management, France has passed a regulation which requires some industries to put the product/service’s carbon footprint on the packages within five years*. Japan is positioned 17th out of 166 countries in the SDI index and Dashboard report in 2020; however, the interests among Japanese consumers are increasing: According to the survey conducted in 2019, it is clear that 81% of consumers are willing to shop more with products sustainably produced and manufactured, even though they are not currently doing so. Rakuten Insight reports that 32% of people think they intend to shop in a sustainable way strongly/somewhat strongly compared with before COVID-19*. The needs for sustainable and organic products are underserved, which means there are business opportunities. In fact, Japanese people appreciate their own sustainable philosophy. Mottainai is the Buddhist-origin word that links to the action of ‘reuse,’ ‘recycle,’ ‘reduce’ and ‘respect’ to what we have. Eiichi Shibusawa, father of Japanese capitalism from the late 19th century, put public welfare over his own interest. But somehow, when the Japanese economy had grown rapidly, it was busy importing the way western companies run their businesses, not paying much attention to how to appreciate our sustainable way of living. Given Japan has the foundation, I am hopeful that the movement of sustainability will be growing rapidly. *Reference https://www.calbee.co.jp/newsrelease/200914a.php https://www.ecologie.gouv.fr/gouvernement-soumet-projet-loi-climat-et-resilience-aux-consultations-obligatoires https://www2.deloitte.com/content/dam/Deloitte/jp/Documents/consumer-business/cp/jp-cp-consumer-after-covid-19-1.pdf https://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2019/11/20191118.pdf

More
もったいない精神を今こそ見える化しよう (Part 1)

もったいない精神を今こそ見える化しよう (Part 1)

ポテトチップスの製造販売を行うカルビーは、昨年、非常に日本的なマーケティングキャンペーンを展開しました。 彼らは、84%の消費者が食べた後のポテトチップス包装を小さく折り畳んでいることに気付いたのです。折り畳むことで廃棄物の量を減らす利点があり、環境への負荷を減らすことに繋がります。 そこで、カルビーは"オリパケ "というキャンペーンを始めました。消費者が折り畳まれた包装写真をカルビーのアプリで撮影すると、ポイントに移行され、ジャガイモの栽培体験などのプレゼントに交換できるものです。 日本とサステナビリティ このキャンペーンは、日本の多くの食品会社が、エネルギーや原材料の使用量を減らし、廃棄物を減らすことを優先する事で、サステナビリティを製品に取り入れている現状を表しています。日本では、持続可能な将来を環境面から捉えがちで、社会面(教育やインクルージョンなど)や、人権(健康や福祉、平等など)が後回しにされることが散見されます。と同時に、持続可能性は経済的利益を生み出すためのエンジンではなく、費用と捉えられることも多いのが現状です。 また日本の食品会社の多くは、カルビーとは異なり、利益の一部を社会貢献活動に還元するというCSR(Corporate Social Responsibility)の段階に留まっています。一方、世界では既に、原材料の調達から、製造、流通、消費、廃棄に至るまでの「ライフサイクルやサプライチェーンの持続可能性」に焦点が当てられています。これは、特定の人たちだけが利益を得るのではなく、製品の製造や販売に関わった全ての人が平等に分け前を得られるという、これまでとは異なるアプローチです。 現にライフサイクル・サステナビリティー・マネジメントへの関心の高まりを受けて、フランスでは5年以内に製品・サービスのカーボンフットプリントのパッケージへの記載(一部産業への)義務化の規制が可決されました*。 日本は、2020年のSDIインデックスおよびダッシュボードレポートにおいて、166カ国中17番目ですが、日本の消費者のサステナビリティ への関心は高まっています。2019年に実施した調査によると、81%の消費者が、現在は行っていないが、持続可能な方法で生産・製造された製品をより購入したい、と考えていることが分かりました。楽天インサイトによると、コロナ前*と比較して、サステナブルな方法で今後は買い物したい、と考えている人は32%います。サステイナブルな商品やオーガニックな商品に対するニーズは十分に満たされておらず、ビジネスチャンスがあると言えます。 実は独自のサステナブルな哲学を、日本人は大切にしています。「もったいない」とは、仏教に由来する言葉で、今あるものを「再利用」「リサイクル」「削減」「感謝」するという行動を表しています。また、19世紀末の日本の資本主義の父、渋沢栄一は、自分の利益よりも公共の福祉を優先しました。 しかし、日本経済が急成長した際、なぜか西洋企業のビジネス手法を輸入することに忙しく、私たちの持続可能な生き方をどう継続していくかにあまり注意を払いませんでした。日本には土壌があるので、サステイナビリティの動きが今後急速に高まるのでは、と期待せざるを得ません。 *Reference https://www.calbee.co.jp/newsrelease/200914a.php https://www.ecologie.gouv.fr/gouvernement-soumet-projet-loi-climat-et-resilience-aux-consultations-obligatoires https://www2.deloitte.com/content/dam/Deloitte/jp/Documents/consumer-business/cp/jp-cp-consumer-after-covid-19-1.pdf https://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2019/11/20191118.pdf

More
気候市民会議を通じたフランスの社会実験~国際環境経済研究所WEBにて

気候市民会議を通じたフランスの社会実験~国際環境経済研究所WEBにて

当事務所代表の永田公彦が、IEEI国際環境経済研究所(以下IEEI)のWEBサイトで、サステナブル社会づくりに向けた欧州の政策、企業経営、市民行動に関する掲載を始めました。 IEEIは、産業界で環境・地球温暖化問題やエネルギー問題に携わる人達やメディア関係者、学識経験者による情報発信を通じ、国内外の政策や国際枠組みについての意見集約や提言を行う特定非営利活動法人です。また、メディアあるいは温暖化関連イベント、地域での学校教育活動、自治体への協力、ひいては途上国など海外への技術移転という具体的動きに寄与することを目的とする団体です。 今回のテーマは、地球温暖化対策に向け世界初の社会実験となったフランスの「気候市民会議」についてです。先月、同会議が政府に提出した様々な政策提言が法案化されました。同法案に対しては既に国内でも賛否両論が沸騰し、また今月末には国会審議が予定されているものの、市民の声が法制化され気候変動対策が進むスタート地点にたったことには違いありません。 こうした中、本稿では、前編で、気候市民会議の意義と重要性を十分理解いただくために、設立の背景にあった過去10年間の大きな流れを時系列で解説しています。

記事はこちら→ 気候市民会議を通じたフランスの社会実験(前編) – NPO法人 国際環境経済研究所|International Environment and Economy Institute (ieei.or.jp)

また、後編では、CFP(カーボンフットプリント)の表示義務化、近距離国内航空便の廃止、業務用建物のグリーン化義務、エコサイドの犯罪化等のポイントを複数示しています。

記事はコチラ→ 気候市民会議を通じたフランスの社会実験(後編) – NPO法人 国際環境経済研究所|International Environment and Economy Institute (ieei.or.jp)

More
環境監査研究会「定例研究会」講演報告

環境監査研究会「定例研究会」講演報告

去る2月21日、20年にわたり環境監査の普及促進活動をされている環境監査研究会様の第324回定例研究会において当事務所代表の永田公彦がオンライン講演させていただきました。 今回は、フランスを中心に環境問題対応における市民の動きと政治や企業経営への影響について次のポイントをお話ししました。 ■ 市民の高い意識と行動の背景には一体何があるのか? ■ コロナは本当に人々の価値観や生活スタイルを変えようとしているのか? ■ 政治と企業はどこまで対応できるのか? ■ フランスには、アメリカのような社会の分断があるのか? ■ グローバリズムとネオリベラリズムの功罪 ■ 人権とクライメート・ジャスティスをどう捉えるか? ■ 社会(ヒト)の問題を放置しては、地球環境問題は解決しないのか? (キーワード) 人の自然観、近代哲学、啓蒙思想、フランス人社会、人権と環境問題、市民革命と政治参加、気候変動市 民会議、グリーンリカバリー、欧州復興基金、市民による企業監視、CSRと欧州企業、黄色いベスト運動、 グローバリズム、自給自足社会、社会格差… 講演後は、1時間にわたる質疑応答を通じ、企業や大学等から参加された大勢の皆様と共に深い考察ができ次の行動に向けた場となりました。同研究会の後藤敏彦代表理事、松本徹事務局長はじめご参加の皆様に深く感謝申し上げます。

More
ロレアル、ケロッグ、ユニリーバ等グローバル企業も着目するパッケージフリー化

ロレアル、ケロッグ、ユニリーバ等グローバル企業も着目するパッケージフリー化

1月18日にダイヤモンドオンライン「永田公彦のパリから日本へ一言シリーズ」の公開コラムです。 市民の8割以上が包装用プラスチックに拒絶反応を示す欧州。こうした市民の意識に支えられ拡大するのがパッケージフリー小売形態です。店にバルクで運ばれてきたオーガニック食品等を、来店客が自ら持参する瓶、紙袋、紙袋などに必要な量だけ入れ買って帰ります。つまり量り売りです。全国に400店舗となった専門店に加え、オーガニック専門チェーン店の9割、一般スーパーマーケットの7割が量り売りコーナーを設置しています。また最近は、薬局チェーンなど他の小売業態やロレアル、ケロッグ、ユニリーバ等のグローバルメーカーも、一部商品の量り売り仕様化の動きもあるなど今後の動きが注目されます。 尚、本文は下記リンクからご覧ください。 欧州で「パッケージフリー=量り売り」の商品流通が急増する理由 | 永田公彦 パリ発・ニッポンに一言! | ダイヤモンド・オンライン (diamond.jp)

More
市民が牽引するグリーン社会への転換

市民が牽引するグリーン社会への転換

1月18日にダイヤモンドオンライン「永田公彦のパリから日本へ一言シリーズ」の公開コラムです。

市民は、有権者そして消費者です。従って、グリーン社会づくりもそうですが社会の大転換期には、市民の動きが鍵となります。強く大きな市民パワーがあってこそ、政治も企業も真剣に取り組むようになるからです。 逆に企業は、市民の動きへの受国際競争では生き残れません。「市民が、地球環境問題への取組みの観点から自社の経営・事業・商品・ブランドをどう評価し行動するのか」を注意深くウォッチし、これを先取りした事業活動を行う必要があります。

尚、本文は下記リンクからご覧ください。

市民が環境問題への対応を政府と企業に迫る、フランスの現状 | 永田公彦 パリ発・ニッポンに一言! | ダイヤモンド・オンライン (diamond.jp)

More
サステナブルの立役者はブランド

サステナブルの立役者はブランド

日本の菅首相は先日、2050年までにカーボンニュートラルを達成すると発表しました。これは日本の政策、ビジネス、金融機関に大きな変化を促すものです。 日本の発電は、化石燃料に大きく依存しています。化石燃料には石油、石炭、液化天然ガスなどがあり、これらはすべて大量の温室効果ガスを排出し、結果的に地球温暖化の一因となっています。再生可能エネルギーへの依存度を高めるためこれまで多くの努力がなされ、固定価格買取制度の効果もあり、再生可能エネルギー源からの電力創出は、2012年から2017年にかけて平均22%増加しました。2019年の総発電量に占める再生可能エネルギーの割合は、19.2%となっています。 政策変更は、企業によってはリスクとして認識されることもありますが、イノベーションを推進する意思のある企業はチャンスと捉えます。今回の変化は、産業革命の頃に始まり、200年以上も親しんできた私たちの行動パターンを変えることです。これまでに例を見ないディストラプティブ(破壊的)とも言える変化なのです。 日本の再生可能エネルギーにおけるブランド 日本市場にはこの大きな変化を、再生可能エネルギーの新製品を投入する事でビジネスチャンスに変えようとする企業が複数存在します。 東京電力は、2019年から2020年の市場シェア29.1%を誇る日本最大の電力供給会社で、「アクアエナジー100」という100%水力発電のブランドを有しています。電気使用時の炭素排出をゼロにしたい消費者を惹きつけるのは、想像に難くありません。 では、その新ブランドはどのように構築されているのでしょうか? アクアエナジー100は、長い歴史を持つ信頼性の高い東京電力からの「ブランドエンドースメント」の構造を選びました。しかしアクアエナジー100は、インフラプロバイダーとしての東京電力の信頼性を活用したことは賢明ですが、新ブランドの存在はあまり強くないと言えるでしょう。「ハウス・オブ・ブランド」の構造を利用し、より独立した強力なブランドを構築したならば、電力と環境の新しい関係性の構築を強調することができたでしょう。つまり、エネルギー供給者を選ぶ際の行動を変えるよう、消費者をはっとさせるようなインスピレーションをより与えられたのです。 ブランド構築とは別に、アクアエナジー100は、料金表の選択、カスタマーサービスからサプライヤーの切り替えプロセスに至るまで、ブランド体験のあらゆる側面を改善する必要があります。例えば現在、カスタマーサービスと切り替えプロセスは東京電力が担当しています。更に、グリーンエネルギーを支援するために割増の価格を支払う消費者はいますが、まずは東京電力の供給する化石燃料由来のエネルギーとの価格競争力を持つため、グリーン電力の価格を引き下げるための技術革新が必要です。 コミュニケーションに長けているサステナブルなブランドは幾つかあります。その一例が「自然電力」です。東日本大震災後の2011年に設立され、持続可能な未来への道を切り開いていきたいと願っているブランドです。ブランドコミュニケーションを見ると、親しみやすいタイポグラフィに、「自然エネルギー100%の世界は、つくれる」というタグラインが添えられています。自然電気は、料金体系や業者変更のプロセスを明確に伝えるだけでなく、会社の目的、ミッション、サービスをしっかりと伝えています。日本では再生可能エネルギーの供給者はヨーロッパほど一般的ではないので、なぜこの会社を設立したのかというストーリーを伝え、顧客の声も使って、再生可能エネルギーが環境にどのようなメリットをもたらすのかを上手く伝えています。 イギリスの再生可能エネルギーのブランド 再生可能エネルギー利用の好例として、2019年の総発電量の37.1%が再生可能エネルギーであった英国が挙げられます。 エネルギーサプライヤーのBulbは、当時「ビッグシックス」と呼ばれる大手6社が支配していた電力供給市場を大きく変える、という明確な意図を持って2013年に立ち上げられました。 Bulb(バルブ)のブランド戦略とその実行力、特にユーザー体験は優れています。この会社が存在する理由は、「エネルギー分野におけるインスピレーションになる」です。Bulb(電球)は、ピカッと何か新しい発想を与える、というパーパスを反映した会社名であり適当と言えるでしょう。ピンクとネイビーのロゴは「ビッグシックス」のロゴとは違うカラーパレットで一線を画し、手描きのグラフィックで、親しみやすくフレンドリーなブランドの個性を伝えています。彼らのウェブサイトは、シンプルで親しみやすく正直である、という彼らの姿勢を明確に伝えるようにデザインされています。この姿勢は料金体系にも適用され、簡素化してあり、解約金のような隠れたコストは含まれていません。メールには魅力的なアニメーションが使われており、Bulbと顧客とのつながりを増幅しています。 製品(電気)を見ることができず、常にスタッフと交流できるとは限りません。しかしBulbはデジタルチャネルを介して優れた顧客体験を提供することで市場に変革をもたらし、未来の新しい常識を創造する個性的なブランドを構築できることを証明しています。

More
A brand is an enabler for sustainable innovation

A brand is an enabler for sustainable innovation

Suga, the Prime Minister of Japan recently announced a commitment to his country achieving carbon neutrality by 2050. This will encourage significant changes in government policies, business and financial institutions in Japan. Japan is heavily reliant on fossil fuels to generate electricity. Fossil fuels include oil, coal and liquefied natural gas, all of which emit a large amount of greenhouse gases and consequently contribute to global warming. A substantial effort has been made to increase the focus on renewable energy: power from renewable energy sources has grown on average by 22% from 2012 to 2017 thanks to a feed-in tariff policy. Renewable energy accounted for 19.2% of the total electricity generated in 2019. Changes in government policy can be perceived as a risk for some companies, but for those who are willing to drive innovation, it is an opportunity. The change this time is a case of changing our behaviour patterns which began during the industrial revolution, and with which we have been familiar for over 200 years. It is a disruptive change. Brands in Japanese renewable energy There are several players in the Japanese market who want to turn these changes into a business opportunity by launching new renewable energy products. Tokyo Electric Power Company (TEPCO) is the largest electricity supplier in Japan, with a market share of 29.1% in 2019-2020. They own a brand called ‘Aqua Energy 100’, which sources 100% of its electricity from hydraulic power. It undoubtedly attracts consumers who want to achieve a net-zero carbon footprint for their electricity usage. How are they building the new brand? Aqua Energy 100 chose to be a brand endorsed by TEPCO, a supplier associated with a long-standing legacy and a government that backed them during the Second World War. It is wise of Aqua Energy 100 to leverage TEPCO’s credibility as an infrastructure provider, however, their brand presence is not strong. Using the ‘House of Brands’ structure, they could have highlighted the creation of a new relationship between electricity and the environment by building a more independent and stronger brand. This would have inspired consumers to change their behaviour when it comes to choosing an energy supplier. Aside from its brand architecture, Aqua Energy 100 needs to improve every aspect of its brand experience, from choice of tariffs and customer service to the supplier switch-over process. At the moment, customer service and the switching process are handled by TEPCO. Furthermore, innovation is needed in order to be able to lower the price of sustainably sourced electricity enough to compete with the price of the energy derived from fossil fuels supplied by TEPCO at least, even though some consumers are willing to pay a premium to support green energy. There are sustainable brands that are good at communicating. An example is ‘Shizen Denki’ (meaning ‘’natural electricity’). Founded in 2011 after the Great East Japan Earthquake, this brand wanted to lead the way in creating a sustainable future. In terms of brand communication, their friendly typography is accompanied by the tagline ‘We can create the world with 100% renewable energy’. Shizen Denki not only provides clear information about their tariffs and the process required to change supplier, they also communicate their purpose, mission and services very well. It was their storytelling that drew my attention; renewable energy suppliers are not as common in Japan as in Europe and so they tell the story of why they established the company and use customer testimonials to communicate how renewable energy benefits the environment. Brands in British renewable energy One of the good examples of renewable energy usage is the UK where 37.1% of the total electricity generated came from renewable sources in 2019. The energy supplier Bulb launched in 2013, with a clear intention to disrupt the electricity supplier market, which was dominated at the time by six suppliers known as the 'Big Six’. Bulb’s brand strategy and its execution, especially in terms of user experience, is excellent. The reason why this company exists is to be ‘an inspiration in the energy sector’. Bulb is the perfect name for a company to reflect the purpose. Their pink and navy logo stands out from those of the ‘Big Six’ and their hand-drawn graphics convey their approachable and friendly personality. Their website has been designed to clearly communicate their approach: simple, friendly and honest. This approach also applies to their tariffs, which are uncomplicated and do not include hidden costs such as an exit fee. Their emails include the use of engaging animations which fosters a greater connection between Bulb and its customers. You cannot see their product (electricity) and may not always interact with their staff, however, Bulb proves that offering a great customer experience via a digital channel can build a distinctive brand which is disrupting the market and creating the new normal of the future.

More
待ったなしの環境問題とフランス人の生活スタイルの行方(講演レポート)

待ったなしの環境問題とフランス人の生活スタイルの行方(講演レポート)

当事務所代表の永田公彦による「パリよりライブ中継シリーズ(主催:アンスティチュ・フランセ九州-沖縄) 」の第3回目セミナーが12月16日(水)に開催されました。 https://www.institutfrancais.jp/kyushu/agenda/la-crise-ecologique/ 今回のテーマは、2015年のパリ協定とSDGs(持続可能な開発目標)採択以降に急激に進む環境問題への対応です。特に、フランスや欧州の市民の間で意識と行動がどのように高まっているか?これが政治や企業にどう影響を与えているか?今後、市民の生活スタイルはどう変遷するであろか?欧州と日本の間で、どのような課題取組みの相乗効果が期待できるか?を中心に、特別ベストの後藤敏彦氏(サステナビリティ日本フォーラム代表理事)と参加者を交え活発に意見交換がなされました。 当日は、冒頭に、同セミナーを主催するアンスティチュ・フランセ九州-沖縄のフランク・ボルジアニ館長による今回のテーマの主旨紹介があり、その後、永田がレクチャーに移りました。 まず、人々の自然観について、西洋のものは、日本のものと比べどう異なり、歴史の中でどう変遷したかを解説しました(古代ギリシャ、キリスト教の影響、近代合理哲学の影響から現在まで)。 次に、フランスにおいて市民が環境政策づくりの主役になりつつあること(気候市民会議等)、またこれを取り巻く政治(EU、政府、地方自治体)と産業界(経営者団体、企業)の動きを解説。その後、各種調査データに基づき市民の環境問題に対する意識と行動を紹介しました。例えば、国民の7割が環境問題を緊急課題と捉え、対応を求めるデモへの参加意思がある、8割が環境負荷低減のために何らかの消費行動をとっている、9割前後が、企業は消費を煽りすぎる、消費を減らすべき、成長を前提としたこれまでの経済モデルを見直す必要あると考える等です。また、市民が日常的に環境負荷を減らすための行動として、プラスチック等のゴミを減らす、消費そのものを減らす、ものは修理し長く使う、移動手段は徒歩やクリーンなものを選ぶ、オーガニック製品を買う、可能な限り自給自足する、地産地消(流通カット)に切り替える等です。また、こうした動きを後押しする新産業やスタートアップ企業も紹介しました。 その後、特別ゲストの後藤敏彦氏(サステナビリティ日本フォーラム代表理事)より、日本もここ半年で企業、地方自治体、そして政府による動きが加速していること、またこれに呼応した市民の動きの活発化も期待したいとの話がありました。 最後は、立場・職業・年代も異なる多彩なセミナー参加者も交え、西洋に対する日本人の自然観、今後の議論として「地球(自然)の再生には、格差問題など社会(人)の歪みも修復する必要があるのでは?」「歴史的に世界でもユニークな自然との付き合い方をしてきた日本(人)は、世界の環境問題に果たせることは多いのでは?」という2つのテーマが提示され、活発な意見交換がなされました。参加者から同テーマの議論を深めるため継続開催してほしいとの声があがりました。 #サステナブル #フランス #市民意識 #オーガニック #日本とフランス

More
謹賀新年

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。 昨年は、歴史に刻まれる人類にとって大きな分岐点となった一年でした。2021年は、我々の適応力、発想力そして人間力の試される一年となるでしょう。Nagata Global Partnersは不確実な時代や環境の中でも、リベラルアーツ的視点で物事の本質を見極め、皆様と共に前進して参ります。 年初にあたり、NGPではサステナブル事業経営サービスの本格始動と共に、新ウェブサイトを立ち上げました。今後も欧州より皆様のお役に立つ情報を発信して参ります。どうぞご期待下さい。

More